ごあいさつ

アクセス/地図

編集室

料金表

映画製作のご案内

リクルート情報

企画展のお知らせ







 

このところの寒波のせいで体調を崩しがちです。そうすると鼻が詰まったり熱が出たり節々が辛かったりと大変な目にあいます。

その中でも鼻づまりはいけません。鼻で呼吸ができないと自ずと口で息をします。例えると湿地帯が寒風に晒されて砂漠化してしまったような感覚です。口腔が薄いセロファンのようなものでコーティングされたようで、お話をしたり口を動かすたびに、セロファンは折れ曲り割れて痛みが走ります。風邪の一時的な症状から二次的な苦痛が生まれて来ます。

そうは言っても数日で治るのですが、その時に自由に話をしたり食事をすること、まさに健康であることの当たり前の幸せに気づかされます。

まだまだ、寒さが続きます。

仕事も大切ですが、お体に気を配り2018年の冬を乗り切りましょう。


リクリ   鈴木ゆたか